カラーコーディネーター 資格取得方法

カラーコーディネイターとは、商品開発や店舗、建築業界など様々な場面で必要とされる資格です。

色彩コーディネイトのスキルを図るための民間の試験です。

色彩の意味などを専門的に学び、ビジネスの世界に生かすことができます。

カラーコーディネイターの試験は3級から1級があり、1級を取得する際には、「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」の3種類の中から1つの分野を選んで試験を受けることになります。

カラーコーディネイター資格は、東京商工会議所が認める民間の認定資格です。

受験には年齢制限などの資格制限などがなく誰でも受験をする事ができます。

3級と2級は筆記試験のみで、1級の試験においては、筆記試験のほか論述問題もあります。

カラーコーディネイターの資格を持っていると、色の持つ効果などを生かしながら色々な業界で活躍することができます。

カラーコーディネイターの資格のみならず、色彩検定を受けたり、パーソナルカラーの知識やインテリアコーディネイター、POP技術などのデザインに関する資格なども合わせて持つとスペシャリストの道がぐんと大きく広がります。

カラーコーディネイターの資格を取得する際には、独学で勉強することも可能ですが、通学制のスクールに通ってカラーコーディネイトに関する勉強をすることや、通信教育のカラーコーディネイト講座などを受講する方法もあります。

あなたのライフスタイルに合わせた受講方法を模索することも大切です。