フレックスタイム制とは?

フレックスタイム制とは、決められた労働時間の中で私達労働者が労働時間をある程度フレキシブルに調整する事ができる労働時間制の一つです。

民間企業でも大企業の多くはフレックスタイム制を取り入れている企業が多いようですし、国家公務員にも研究機関に勤めている労働者に対してはフレックスタイム制が取り入れられているようです。

しかし、地方公務員についてはフレックスタイム制は労働基準法の対象外となっていることから、フレックスタイム制の採用はありません。

フレックスタイム制では、フレキシブルに仕事ができるからと言って、他人と全く顔を合わせずに仕事をしようとしてもそれは無理です。

フレックスタイム制においては就業時間の中の中にコアタイムと呼ばれる時間が設定されていて、その時間は必ず職場にいなければいけないという決まりになっています。

フレキシブルに労働時間を調整するのは、コアタイム以外の時間ということになるわけですね。

例えば、標準勤務時間は9時から5時となっていて、その中でコアタイムが11時から3時と決められている会社の場合。

朝の渋滞を避けるために朝早く出勤したい人は、朝8時から出勤して夕方4時に退社できます。

また、夜型だから早起きはつらいという場合には、朝11時に出社して退社は夜の7時にする事もできるわけです。

全員が顔を合わせるコアタイムの中にミーティングなどを入れることで、お互いに支障をきたすことなく労働時間を調整する事ができるフレックスタイム制はメリットも大きいので、今後もどんどん広まっていきそうですね。