位置ゲーって何?

携帯電話と携帯ゲームの普及によって、新たに誕生したゲームのジャンルが位置ゲーです。

これは携帯端末が備えている位置登録システムを活用したゲームとなっています。

ゲームを提供する運営者側に携帯端末の位置を知らせ、現在位置や移動距離のデータを使って、ゲームを行うのが最大の特徴となっています。

つまり、移動距離の長短がゲームの成果に直接影響したり、現在位置の地域の情報を活用してデータ収集を行うことによってゲームを進めていくのです。

この位置ゲーが広く知られるようになったのは、2008年に登場した「ケータイ国取り合戦」の大ヒットによるものと言われています。

以後さまざまなメーカーが位置ゲーに参入、現在では50万人以上のユーザーを擁する市場となっています。

位置ゲーにはいくつかの特徴があります。

まず携帯さえ持っていればだれでも楽しむことができること、操作方法も簡単なため誰でもできることです。

仕事中の移動など、本来退屈な思いをする時間を有効に役立てることができることなどが挙げられます。

また、本職のゲームメーカーではない企業が参入しているのも大きな特徴です。

「ケータイ国取り合戦」はマピオンですし、本田技研工業も「ケートラ」という位置ゲーを運営しています。

この位置ゲーによって、観光地の創出や旅行業界の利用者増なども期待できると言われており、単なるゲームの枠を超えたさまざまな可能性にも注目が集まっています。

空いている時間を充実したものにすることができる位置ゲー。

あちこち外出する機会が多い人は試してみてはいかがでしょうか。