ニキビの直し方って?

ニキビが出来てしまったら早期治療をする事が何よりも大切。

ニキビは放置しても自然治癒する事はなかなかありません。

ニキビが白ニキビや黒ニキビなどの初期段階なら、皮膚科に行かずに自分で治療をする事もできるので、ニキビができやすい方は普段からニキビが出来ないように工夫する事も大切ですね。

ニキビが出来てしまったら、ニキビが出来ている原因を取り除きましょう。

肌の表面に残っている古い角質を取り除いたり、毛穴の中に詰まっている皮脂や汗などの汚れを取り除く事が大切です。

「毛穴ケア」「ニキビケア」と謳われているスキンケアならこの治療を行う事ができます。

古い角質を取り除こうとゴシゴシこすったり、毛穴の中の汚れを取ろうとゴシゴシ肌をこするのはニキビには悪影響を与えてしまいます。

優しく手のひらでマッサージするような感じで使うと良いでしょう。

また、ニキビケアができるスキンケアアイテムなら、ニキビの原因にもなっているアクネ菌を殺菌してくれる効果もあるので、ニキビの炎症を抑えたり、ニキビが出来にくい肌質を作ってくれる効果も期待できるようです。

ニキビが炎症を起こしている場合には、速やかに皮膚科を受診してプロの治療を受けることがニキビ跡を残さずにキレイに治療をするためのコツです。

皮膚科では炎症を抑えるクリームやアクネ菌を殺菌するローションなどが処方されることが多いようです。

また、ホルモンバランスが崩れていることが原因でニキビがひどく出来ている場合には、ホルモンバランスを整える内服薬が処方されることもあるようです。