お肌とビタミンCの関係

ビタミンCというのは、お肌にとって効果的だという話はよく耳にしますが、お肌にとってどのような効果があるのでしょうか。

ビタミンCにはメラニン色素が沈着する、また生成されるのを抑える効果があります。

メラニン色素を還元する効果もあるため、美白効果が得られるとも言われています。

すでにできてしまったシミに対しても効果的ですし、活性酸素を除去する働きもあるのです。

ビタミンEとビタミンCが合成することにより、新陳代謝を高めることもできます。

また、肌のくすみが解消されるという作用もありますし、ビタミンCの抗酸化作用が炎症を抑える作用、そして皮脂の分泌を抑える作用により、ニキビにも効果的だと言われています。

コラーゲン生成促進作用もあるため、ニキビ跡が残りにくくなりますし、ニキビの赤みを抑える働きもあります。

活性酸素は肌が老化してしまう原因の1つですが、そんな活性酸素を除去する働きがあるのもビタミンCです。

セラミドは細胞間脂質ですが、角質の水分を守る役割を果たしているものであり、キメを整える作用もあります。

そんなセラミドを合成促進する作用があるのもビタミンCですし、肌の老化を遅らせるという働きもありますので、肌の衰えを感じているという方は積極的に摂取するようにしてみてください。

このように、ビタミンCにはお肌にとって嬉しい効果が多々あります。

また、含まれている食べ物もたくさんありますので、摂取しやすいというのも嬉しいですね。